シラブルと発声を活かした新しい形の発音矯正でネイティブの英語が聞こえる耳を作る。

オンラインレッスン

  • HOME »
  • オンラインレッスン

シラブルクラスができるまで

発音クラススタート

2008年、私が当時勤めていた語学学校に来る留学生の多くは発音の基礎が出来ておらず、「発音記号って?」のレベル。当時は正式な発音クラスがなかったので、個人的に生徒を集め発音クラスを実験的に始める。

最初は、発音記号をベースに口や舌の位置に重きを置いた従来の発音指導法で教えていました。生徒には満足してもらえたんですが、私自身2007年に「英語喉」という教材に出会ってからは、従来の発音指導法に疑問を持っていたので満足できず。。

そんな自分の欲求を満たすため、プラス、私自身英語喉をものにしていなかったので自分の練習も兼ねて「英語喉」のクラスを試しに始める。しかし、生徒には全く受け入れてもらえず撃沈。。私の指導不足も手伝って「英語喉は難しい。」という印象だけを与えて終わってしまう。

いくら自分が良いと思ったものでも、その重要性をしっかり伝え、感じてもらわなければ誰もついてこないことを実感。私自身が英語喉を教えられるレベルにまだ達していないことがよく分かったので、ネットにあがっている喉先生の動画や、英語喉実践者がネットにあげているコツなどを頼りに「英語喉」の勉強をやり直す。

「英語喉」の指導に再チャレンジ

その後、再度「英語喉」の指導を始める。努力の甲斐あってか少しだけついて来てくれる生徒が出てくる。その当時、英語喉を指導させて頂いた生徒の発音。

ビフォー

アフター(3ヶ月後)

留学やインターンだからこそ気付けた発音記号と音節の重要性から

その後、指導力の向上と共に着々と生徒が増える。この頃は、シラブルよりも英語喉に重点を置いて指導していました。しかし。。

ヒップホップでブレイクスルー

ある日、生徒から歌(ヒップホップ)を使って英語喉の練習をしたいとリクエストを受ける。当時の私はヒップホップをほとんど聞いたことがなかったので、きちんと教えられるよう1ヶ月間聞き込んで練習。

すると、自分のリスニング力が驚くほど上がっていることに気付く。私自身、アニメの英語の聞き取りが苦手だったんですが、ヒップホップで自然とシラブルの矯正ができたためか、アニメの英語がだいぶ楽に聞き取れるようになっていました。

この体験でシラブルの重要性を痛感。それまで私は「英語喉」に出てくる3ビートという概念で、シラブルの重要性をわかったつもりになっていましたが、私が理解していたのは、単にシラブルの仕組み・概念だけであったことに気付きました。シラブルの重要性を本当の意味で理解できていなかったのです。

シラブルの指導にシフト

こうしてシラブルの本当の凄さを身を持って体感できた私は、授業内容を「英語喉」から「シラブル」に重点を置いたものにシフト。その後、生徒の協力を得て実験を繰り返すことで、シラブルの重要性を頭だけなく体感してもらえる授業ができるようになる。そして、シラブルクラスは当時勤めていた学校の姉妹校へ出張授業するまのでクラスに成長する。

新たなる壁

出張授業をするまでのクラスになったが、新たな問題が生まれる。

「英語喉の3ビート(CVC)のアプローチは難しいし面倒。」「英語喉の喉の上下がよくわかないし正直難し過ぎる。」などのクレームを受ける。これは私が英語喉を教え始めた頃に抱えていた問題でした。出張授業をするまでは、自分が勤める学校の生徒を教えるだけ、生徒の留学期間も平均3ヶ月ぐらいはあったので、この問題を解決することができました。

しかし、出張授業では1週間という短い期間で理解し、体感し、これを続ければ伸びるという確信を持って練習してもらう必要がありました。しかも、普段のカリキュラム(フィリピン人講師とのマンツーマンレッスンを1日6時間)をこなした上で。

語学は目に見えるような成長を感じづらいので「この方法で伸びるのかな?」と不安を抱えたまま練習しても中々続きません。その不安を払拭するため、重要性を理解してもらうだけでなく、体感し確信を持って練習してもらえる方法を模索する必要がありました。

難しいとクレームの多かったCVCのアプローチ(特に初級者から)と、喉の上下のアプローチ(こちらはレベルに関係なく。ただ発音が好きな方からは人気があった。)は諦め、英語学習者全般に受け入れてもらえるように、できる限りシンプルで簡単な方法を模索。

理想は、初日の数コマの授業で重要性を理解し、体感してもらい、残りの授業は全て練習にあてられるようにする、でした。そして、通常の授業、出張授業の数をこなすことで、それが実現できるようになりました。

これでコンプレックスも解消!シラブルは発音にも効果的!

シラブルの法則を知ることで英語がスロー再生で聞こえました!

シラブルは、点を打つだけというシンプルなものになり、発声は、呼吸・息の流れを意識するだけといったシンプルなものに。

ビフォー

アフター(3日後)

発声より

発声に関しては当初、その重要性を伝え、体感してもらうことが上手くできずにいました。そして、それがずっと自分の中での課題でした。しかし、授業をこなしているうちに、シラブルから発声の重要性へと上手く繋げられることに気付き、解決することができました。

英語の音節と発声法で無理な口や舌の動きなしで発音可能に!

英語は抑揚が大事だと思っていました。。

発音記号に関しては、実験を重なることによって生徒が間違いやすい、勘違いしやすい記号を把握できるようになり、そこを改善。いくつもあって覚えにくいイメージのある英語の母音を、日本語の「あいうえお」をベースにシンプルに分類し、日本人用にカスタマイズした指導方法を構築。

洋楽で発音が上達!シラブルで日本人の発音から脱却!

シラブルと発音記号の読み方がわかりカタカナ英語から脱出!

結果、「理解・体験・練習」をセットにした指導法が形になり、出張授業でもシラブルクラスの評価が高まるようになりました。そして、これが現在のオンラインで提供しているクラス・コースの原形、流れ(入門→実践)となっています。

英語のリスニングの壁をブレイクスルーさせました!

発音やリスニングで伸び悩みを感じてる方にはシラブル!

↑こちらの生徒さんは、今では↓これが聞き取れるようになったそうです。

普通の発音クラスが現在のシラブルクラスにまで進化できた大きな理由

それは「量をこなすことができた」これに尽きます。

なぜそれを実現できたのかは、授業を全て無料で提供していたから。無料で提供していたので、実験的に色々なアプローチを試すことができた。生徒が途切れることなく大量に教えることができた。同じ人を毎日指導することができた。日本各地から来る生徒(地域によって発声や発音などに特徴がある)を教えることができた。

といったことを経験できたので、指導力も自然と向上し、シラブルクラスを今の状態にまで進化させることができました。

スペシャルサンクス

英語の恩人、英語喉の上川一秋先生

伸び悩みを感じていた時に「英語喉」に出会い、英語が本当に楽しくなりました。英語喉との出会いがなければ、シラブルクラスは生まれていませんでした。

シラブルクラスの恩人、フィリピン留学でご協力頂いた生徒さんたち

奇妙なアプローチを色々試したにもかかわらず、文句も言わず快く実験台になってくれた生徒の皆さん。皆さんの協力がなかったら、シラブルクラスが今の状態まで進化することはありませんでした。

Webの恩人、スーパーコンシューマー留学体験談ラジオなどを手掛けている中谷よしふみさん

Webだけでなく僕に足りないものを色々と気付かせてくれました。マッチングを重視した「欲しい人の元へ届ける」精神も叩き込んで頂きました。「面白いことを形にする」を体現されている中谷さんとの出会いがなければ、今のようなスタイルで集客はできませんでした。中谷さんはWebだけでなく、人生の恩人でもあり本当に感謝しています。

オンラインレッスン

シラブル入門クラス

シラブル基礎コース

シラブル実践コース

シラブル体験談

※本気で頑張りたい、本気になりたい方のみの募集となります。
※上記のクラス・コースは全て1対1での完全個人レッスン、通常オンラインでのレッスンとなります。

English33のシラブル実践コースにおいては、今現在受講して頂いている生徒様が、次の順番を気にせず納得がいくまで延長して頂けるシステムを採用しております。なので、次回の募集は今の生徒様が終了次第となりますので、予めご了承ください。空き次第HP内で告知させて頂きますので、ご理解の程宜しくお願いいたします。

Pocket

体験談やブログを購読

rss

フィリピン留学

フィリピン留学体験談ラジオ


フィリピン留学を検討している方は必読!!

ラインスタンプ

eigoninja1


えいご忍者第1弾。修行中。


eigoninja2


えいご忍者第2弾。英語勉強中。


eigoninja3


えいご忍者第3弾。フィリピン留学中。

シラブルパパ ノボル

シラブルとは?

「シラブル」とは、日本語で言うところの「音節」のことです。音節を辞書で調べると「言語における音の単位。ひとまとまりの音として意識され、単語の構成要素となる。」とあります。
シラブルとは?の続き

体験談や記事を検索

PAGETOP
Copyright © ENGLISH33(イングリッシュミミ) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.