シラブルと発声を活かした新しい形の発音矯正でネイティブの英語が聞こえる耳を作る。

シラブル

  • HOME »
  • シラブル

シラブル

「シラブル」とは、日本語で言うところの「音節」のことです。音節を辞書で調べると「言語における音の単位。ひとまとまりの音として意識され、単語の構成要素となる。」とあります。

わかりやすく説明すると「シラブル」とは、いくつかの音を1つの音のかたまりとして感じる単位。例えば日本語の場合、平仮名の「ご」は「G」と「O」の2つの音からできています。ですが、「ご」を「G(グ)」「O(オ)」と別々の音として認識せず、「ご(GO)」と1つの音のかたまりとして認識し感じとります。これがシラブルです。

英語も同様に「シラブル」があります。しかし、日本語の「シラブル」と構造が違います。なので、英語と日本語とでは音に対する感じ方が全く違うのです。そして、この違いを把握していなかったことが、多くの日本人学習者の英語力を伸び悩ませる大きな原因となっていました。

「シラブル」を理解すると、英語のリスニングの世界が格段に広がります。そして、リスニングだけでなくスピーキングにも役立ちます。さらに、「シラブル」の理解は英語だけでなく他言語の習得にも役立つでしょう。

洋楽が好きで英語の歌を上手に歌いたい方には「シラブル」はマストです。英語の発音を勉強して英語の歌にトライしてみたけど、メロディーが先に行っちゃって上手く歌えない。。歌詞を見ながら歌っているのに、なぜか置いてけぼりに。。「シラブル」を理解すれば、その原因がわかり楽に付いていけるようになるので、歌うのが何倍も楽しくなります。

「英語を聞き取れないのは、英語にはあって日本語にはない音があるから。」ということで発音を勉強したものの思った程聞き取れない。「シラブル」を理解すると、聞き取りができないのは発音の問題だけでなく、それよりも「単に英語の聞き方を間違っていただけ」という根本的な原因に気付くことができます。

「英語が伝わらないのは、英語は発音だけでなくアクセントも重要だから。」ということで、発音だけでなくアクセントも勉強したのに、それでも自分の英語が伝わらないことが。。「シラブル」を理解すれば、その原因がわかります。

「シラブル」を矯正すれば聞き方」が変わり、そして、さらには「伝わりやすい発音」も身に付けることができます。英語・英会話の勉強を真剣に始めて、伸び悩みを感じ始めたレベルの方であれば、ぜひシラブルレッスンの受講を検討してみてください。あなたの伸び悩んでいる英語力をブレイクスルーさせることができるかもしれません。

Pocket

体験談やブログを購読

rss

フィリピン留学

フィリピン留学体験談ラジオ


フィリピン留学を検討している方は必読!!

ラインスタンプ

eigoninja1


えいご忍者第1弾。修行中。


eigoninja2


えいご忍者第2弾。英語勉強中。


eigoninja3


えいご忍者第3弾。フィリピン留学中。

シラブルパパ ノボル

シラブルとは?

「シラブル」とは、日本語で言うところの「音節」のことです。音節を辞書で調べると「言語における音の単位。ひとまとまりの音として意識され、単語の構成要素となる。」とあります。
シラブルとは?の続き

体験談や記事を検索

PAGETOP
Copyright © ENGLISH33(イングリッシュミミ) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.