留学エージェント

皆さん、あけましておめでとうございます。今年も宜しくお願い致します。

新年一発目の記事は英語ではなく留学に関して。皆さんが残念な留学エージェントに引っ掛からないように、エージェントに相談、比較する前に読んでおきたい記事を3つご紹介したいと思います。

まず記事を紹介する前に、なぜ今回のエントリーを投稿しようと思ったか?の経緯を少し。

私は生徒さんからよくフィリピン留学の相談を受けます。私自身、フィリピン留学業界に日本人経営の語学学校がほぼ存在しなかった黎明期から関わっていたこともあり、フィリピン留学に関してはそこそこ詳しいです。なので、学校の選び方やフィリピン人講師の傾向や対策、現地での勉強方法などのアドバイスであればできます。しかし、ここ最近学校が爆発的に増えたということもあり、留学エージェントのように上手く学校と生徒をマッチングさせるのは難しいと感じるようになりました。

そして、フィリピン留学に関わりが深い私でも難しいと感じるのに、初めてフィリピン留学を検討されている方にとって、数多くある学校の中から自分に合った学校を見つけ出すのは至難の技!!(なはず。。)なので、その道のプロ、留学エージェントの力を借りるのが妥当かと。

時間に余裕のある方は、口コミサイトなどで徹底的に調べるのもありだと思います。しかし、勉強量と必要な時間を考えると、プロに直接聞いた方が時間を短縮できるし、その浮いた時間を英語の勉強などに充てられます。なので、やはりエージェントを利用した方がいいかと思います。

ただ、エージェントを利用するにあたって大きな大きな問題があります。それは、フィリピン留学を扱っているエージェントに残念なエージェントが多いこと。なので、私は語学学校で働いていた時、留学エージェントを利用することに対してかなり否定的でした。

どれぐらい残念かというと、現地ではまぁまぁダメで有名な学校を結構紹介していたり、生徒から直接聞いた話ですが、フィリピンに到着してからエージェントと一切連絡が取れず音信不通となったり、エージェントが扱えない口コミで人気のある学校の悪評を立てていたりと、あまり良い話を聞いたことがありませんでした。

なので、留学エージェントを利用する際は、良いエージェントと残念なエージェントをしっかりと見抜く力が必要になります。残念なエージェントに当たると、マッチングが上手く行かず残念な学校を紹介され、あなたの留学が非常に残念な結果になってしまいます。

留学の目的は人それぞれで、英語のレベルも人それぞれです。しっかりとヒアリングをしてくれるエージェントを探しましょう。そして、最近は特徴のある学校も増えてきたので、その人にあった学校が必ずあるはずです。マッチングを上手くできるエージェントを探すことが留学を成功させる鍵です。失敗しないための学校選びは、エージェント選びにあると言えます。以下の記事を通して、ご自身でしっかりとエージェントが比較できる目を養って頂ければと思います。

フィリピン留学のエージェント選びを失敗しないための9つの知識

こちらの記事では、もっともなことが書かれているので必ず読んで下さい。以前、ある留学エージェントが独自で出している語学学校の人気ランキングを見かけたのですが、あくまで個人的な感想ですが、その学校はないんちゃう(苦笑)てのがありました。ちなみに、人気のある学校があなたにあう学校とは限らないので、ヒアリングもせずに人気の学校を押してくるエージェントには注意した方がいいでしょう。

フィリピン留学で韓国系、韓国人経営の学校が日本人に向かない理由

2015年秋のフィリピン留学事情 その2「急増する日本人経営の語学学校の課題一覧」

こちらの2つの記事は少し偏った部分はあると思いますが、フィリピンの語学学校の現状を把握するのにいい記事だと思います。記事にもあるように、セブはレジャー・観光をメインとした学校が多いと言われています。それ目的であれば何の問題もありませんが、真剣に勉強したい方がそういった学校に送り込まれてしまうと悲惨です。なので、エージェント選び学校選びは慎重に。

追加記事(2016年1月26日)

【閲覧注意】留学エージェントが絶対教えないフィリピン留学業界

Pocket

The following two tabs change content below.

ノボル

英語講師(発音・シラブル・発声専門)「シラブル」を矯正することで日本人が苦手なリスニングを改善。発音は「英語喉」をヒントに「発声法」を改善後、日本語の「あいうえお」の音を基本に発音矯正。100%ではないけど「楽に聞ける、そして楽に伝わる発音」を目指します。海外経験10年:ロンドン・マニラ(留学・ビジネス)