シラブル授業の感想

student_izawa.junichi

伊澤 淳一 21歳 男性 英語中級 大学生
<2013年にフィリピンの語学学校で英語講師をしていた時の生徒さん>

なんと言ってもsyllableとphonicsについて学べたのが大きい。

非常に満足している。冒頭にも述べたようにsyllableという概念を教えてくれる学校が他にあるのだろうか。ここではsyllableのスペシャリストがおり何個とっても無料のクラス(日本語)を提供しているので、それだけでも来る価値がある。これを知っているか知らないかではリスニング、スピーキングにものすごく大きな差がでる。他のブランチで教えているのかは知らないが、たまに出張で行くみたい。ただマンツーマンのレッスンを受けるだけでなく、syllableやphonicsのように英語のルール、基礎を学べる学校ということを強調したい。

School Withより

ノボルの感想

淳一くんは、現役の中央大学の学生さん。留学時は、もうすでに文法のルールや単語の基礎知識がありました。ただ、会話はあまりできない状態。発音やシラブルのルールに関しては、できないというよりは知識としてなかった、練習もしていなかったという状態でした。

発音に関して、私が作った発音教材(発音記号と一緒に覚える発音)を気に入ってくれたらしく、フィリピン人講師と真剣に取り組んでくれていました。結果、発音記号もしっかりと覚え、聞き取りやすく、通じやすい発音になっていました。

シラブルに関しては、シラブル矯正練習法の意図をきちんと理解し、私の授業以外でもしっかりと練習をしてくれていたみたいです。なので、他の生徒さんと比べて成長が早かったように思います。

最終的に、TOEICリスニングパートの1.5倍速の音声ぐらいであれば余裕でついていけるようになっていました。

シラブルレッスンを見てみる

Pocket

The following two tabs change content below.

ノボル

英語講師(発音・シラブル・発声専門)「シラブル」を矯正することで日本人が苦手なリスニングを改善。発音は「英語喉」をヒントに「発声法」を改善後、日本語の「あいうえお」の音を基本に発音矯正。100%ではないけど「楽に聞ける、そして楽に伝わる発音」を目指します。海外経験10年:ロンドン・マニラ(留学・ビジネス)