シラブル授業の感想

student_kakuta.yoshimasa

角田 佳優 30代後半 男性 英語初中級 会社員 
<2013年にフィリピンの語学学校で英語講師をしていた時の生徒さん>

今回、シラブルクラスの体験者からリスニング力が上がるという話を聞いて受講しました。

授業は初めに、英語の「シラブル(音節)とは何か?日本語のシラブルとどう違うのか?」から始まります。その後「音と音の繋がりや、変化の法則」を学びます。日本語のような言語が母国語の人間にはなじみのない英語特有のシラブルの法則を学びます。

次に、実際にシラブルの理論を基に、音楽やネイティブの音声を使って「この文はどのような発音をするか」を、まずは頭で理解します。理論で理解したら、シラブルメソッドを使ってトレーニングします。

すると、聞き取れていなかった音がかなり聞き取れるようになっています。シラブルメソッドのやり方を教わると、リスニングの勉強法がわかり、独学でも練習できるようになります。ただ、1人でやっていてもシラブルの間違いに気付きにくいし、継続してやるのもきついので、学習仲間を見つけるなりして一緒にやるといいと思います。

私の場合は、音のリンキング(つながり)や音の変化の法則は、発音に詳しいフィリピン人講師から聞いて知っていました。しかし、それを活用してどのようにリスニングの勉強法に活かし、上達するのかまでは知りませんでした。そのプロセスがわかってよかったです。

シラブル入門クラスは、リスニングで戸惑っている人にはオススメです。英語初心者はもちろん、すでに上級の人も、新たな発見があるかもしれないのでオススメします。

ノボルの感想

リスニングが上達せず、勉強法に悩んでいた角田さん。今回シラブルクラスを受講頂き、リスニングの勉強法と上達の方法がわかって頂けたみたいで嬉しい限りです。

角田さんのようにリンキングや音の変化の法則など発音の勉強をしたのに、それをリスニングに上手く活かせていない方は結構いると思います。ただ、そういった方ほど1度シラブルの勉強をしてしまえば、一気に聞こえるようになるといったことが起こります。

シラブル入門クラスを受講頂ければ、リンキングや音の変化の法則を勉強しただけでは、リスニングが上手く上達しないということを理解して頂けます。リスニングでお悩みの方はぜひお試しください。

シラブルレッスンを見てみる

Pocket

The following two tabs change content below.

ノボル

英語講師(発音・シラブル・発声専門)「シラブル」を矯正することで日本人が苦手なリスニングを改善。発音は「英語喉」をヒントに「発声法」を改善後、日本語の「あいうえお」の音を基本に発音矯正。100%ではないけど「楽に聞ける、そして楽に伝わる発音」を目指します。海外経験10年:ロンドン・マニラ(留学・ビジネス)