シラブル授業の感想

student_nao.g

N.G 20代半ば 女性 英語初中級 社会人
<2013年にフィリピンの語学学校で英語講師をしていた時の生徒さん>

英語か何だかさっぱりわからなかった文(音声)も、シブラルを教えてもらうと英単語が聞こえてきてびっくりしました。シブラルクラスのあと、TOEICのCDを聞いてみると聞き取れる単語が増え、とくに今までまったく聞き取れなかった前置詞が聞こえてくるようになりました。

たった一週間でしたが、いろんな場面で聞き取れる単語が増えてとても良かったです。今後も継続して練習していきたいです。ありがとうございました。

ノボルの感想

みなさん、今までTOEICのリスニングを勉強していて、前置詞が聞こえづらい、もしくは聞こえないといった経験をしたことはありませんか?そして、聞こえなかった前置詞を、聞き取れた単語を元に文法力でカバーしていませんか?

どいうことか?例えば「I had a cup of coffee in the morning」という英文。文法力があれば、前置詞の「of」や「in」が聞こえなくても、そこに前置詞があると推測できます。リスニングが苦手な方は、こんな感じでリスニングを乗り切っています。

テクニックとしてはいいと思います。ただ、文法力に頼りきりではリスニングの時の負担が大きい、リラックスして聞けません。Nさんもその1人でした。しかし、文法力に頼らず、そして、アクセントやイントネーションなどは特に意識せず、シラブルだけを意識、矯正するだけで前置詞が聞こえ始めるようになりました。

シラブルでリスニングの世界が変わる

リスニングの時に文法力に依存している人、ぜひシラブル入門クラスをお試しください。あなたもNさんのように前置詞が聞こえ始めリスニングが楽になります。

シラブルレッスンを見てみる

Pocket

The following two tabs change content below.

ノボル

英語講師(発音・シラブル・発声専門)「シラブル」を矯正することで日本人が苦手なリスニングを改善。発音は「英語喉」をヒントに「発声法」を改善後、日本語の「あいうえお」の音を基本に発音矯正。100%ではないけど「楽に聞ける、そして楽に伝わる発音」を目指します。海外経験10年:ロンドン・マニラ(留学・ビジネス)